質のいい睡眠はダイエットや免疫力の向上をさせるってほんとう??

Pocket

朝一番でスマホをチェックし

、日中はパソコンに向かい、夜はNetflix三昧。
そんな日常を送っている人は、もしかすると体内時計に深刻な狂いが生じている可能性があります。

日本人の5人に1人は「負債」を抱えているそうです。
お金ではなく睡眠という財産を日々切り崩し負担を背負っているのです。

「睡眠負債」と言えばなんだか深刻な感じですが、

要は「睡眠不足」

のことです。

眠気や睡眠の深さはその前の覚醒時間や心身の疲労の影響を受けています。
起きている時間が長いほど睡眠負債は嵩んでいく。
その負債を返済する方法はただひとつ、

・眠るしかない

のです。

■質のいい睡眠はダイエットや免疫力の向上にも有効です。

本来なら、
・眠たくなったら眠り、起きるべき時間が来たら起きる。

深く考えずとも、脳は粛々と睡眠と覚醒を制御してくれます。

もし、眠りに不満を抱えているなら、脳が働きやすいように自らサポートする必要があります。
それが、「睡眠衛生」を整えるということ。

「睡眠衛生」とは、質のいい睡眠を確保する為に良いとされる行動や環境の調整テクニックです。

▼テクニックの例としては
・朝は何はともあれ、太陽の光を浴びる
→網膜に光を届ける事で体内時計がリセットされます。

・出かける前には朝食を摂りましょう
→液体だけではなく固形物を咀嚼することで、内蔵を動かし、消化器をはじめとする組織の体内時計を脳に同調させることができます。

・昼食後どうしようもなく眠たくなったら短時間の昼寝をしましょう。
→ただし!30分以上寝てしまうとノンレム睡眠の深い眠りに達してしまうので、その日の夜に深い睡眠が得られにくくなります。
あくまで30分以内に留めましょう。

・夕方以降はカフェインは控えましょう。

・夕食は眠る4時間くらい前には済ませておきましょう。

・就寝前にブルーライトを夜浴びると、体内時計が後ろにズレてしまいます。ズレると眠る時間が遅くなります。
・夜間はPC、スマホは遠ざけて、間接照明のほの暗い明かりの下、ゆったりリラックスして夜を過ごしてみて下さい。

また、
・ベッドに入ってから10分、多く見積もっても15分くらいで眠りにつく
というのが健全な睡眠です。

無理に眠ろうと頑張る必要はありません。
寝られないという体験をする事の方が、実は問題なのです。

失敗体験が後を引き、今日も眠れないんじゃないかという不安から不眠症に陥る事もあるからです。

もし15分以上寝られない場合は、思い切ってベッドから出てしまいましょう。

自分はまだ寝る状態ではないと考えればいい。
そのうち眠くなった時に寝ればいいのです。

そして、
覚醒中によく使った脳の部位ほどシナプスが強化され、夜になると強い眠りに誘われます。

体を動かす時には運動野、体性感覚野、もちろん視覚野や聴覚野といった、広い範囲が活動します。

つまり、
運動という作業中は思った以上に脳が使われているということになります。

たくさん動いた日は、安らかに眠れるのはこれが理由です。

睡眠不足の皆さんは、運動をするとよく眠れるかもしれませんよ。

そして、運動は、自分に合った正しい負荷と内容の運動がおすすめです。

=========

当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

当ジムはUfitに掲載頂いています。

【2020年最新】六本木でおすすめの人気パーソナルトレーニングジム!マンツーマン指導でダイエットを成功させよう

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム
MMM(トリプルエム)
https://www.triple-m.jp/