筋膜リリースとは

い5年前までは「筋膜リリース」を知っていると「その道のプロの方?」とい感じでしたが、

ここ数年では雑誌内や書店でも「筋膜リリース」という文字をよく目にするようになりました。

▶そもそも筋膜とは?
皮膚、骨、筋との中間の位置に存在している丈夫な膜状の組織です。
お料理で鶏肉の皮をはがそうとすると、皮と身の間に薄い膜があります。
これが鳥の「筋膜」です。
そして私たちの人間にも同じように筋膜は存在し、身体を爪先から頭の先まで全身スーツのように包んでいます。
筋肉がスムーズに動くためには、伸び縮みをしても外からの力が加えられても一定の形を保っていなければなりません。
これらの役割を持つのが筋膜です。

筋膜は怪我をしたり長時間同じ姿勢でいたり、何らかの原因で血流が悪くなり歪みやシワが生じると筋膜の機能が低下します。
これがいわゆる凝りや動きにくさ(違和感)に繋がります。

先述の通り、筋膜は全身的につながっているため、一部でも不調が生じると他の部分にも影響が出てしまいます。

例えば…
ふくらはぎの筋肉が疲労でパンパンに張っていると首や肩の凝りが酷くなることがあります。
ふくらはぎと首は距離があるので無関係のように感じるかもしれませんが。
原因がふくらはぎの筋膜の不調からくるものなので、ふくらはぎの筋膜リリースとストレッチをすることで肩こりや首の違和感が改善されます。
一方、首や肩をストレッチやマッサージをしても、その瞬間はスッキリ感はありますが、凝りは再発しやすいです。

フォームローラーの驚くべき効果!筋膜リリースで腰痛や肩甲骨のケガを防ぐ使い方とおすすめ商品紹介! | STEADY Magazine

 

そして、この筋膜を緩める方法の一つに「筋膜リリース(筋膜はがし)」と呼ばれるテクニックがあります。
マッサージやストレッチは個々の筋肉だけをほぐすのに対し、筋膜リリースは皮下の筋膜全体を意識して行います。
筋膜リリース用のフォームローラーなどの専用の道具を使用すると便利ですが、テニスボールやサッカーボールなどの身近な物でも十分に効果があります。
また、道具を使用しないで自分の手で筋膜を操作する方法や、ヨガのポージングのように姿勢で筋膜を伸ばす方法もあります。
※因みに、当ジムのお勧めは「ラクロスボール」でして、お客様のご自宅や職場でも気軽に筋膜リリースに励んで頂きたく、必要な方には差し上げています。

▶セルフ筋膜リリース方法
筋膜リリースはたくさんの方法がありますが、
道具を使用する場合には表面が硬いものや先端が尖ったもので行うと皮下や筋肉内出血を起こしますので、
道具は皮膚や筋肉を傷つけないような接触面が柔らかいものがおすすめです。
また、運動の後に行うことが多いですが、準備運動として行うことで、関節可動域も広がりますので運動の安全性ともに効果性も上がります。

力加減を誤ると、後日揉み返しがひどくなる場合もありますので。
最初は少しずつ様子を見ながら、行う時間と力加減を調整しながら行うようにしましょう。

長く運動を続けるためにコンディショニングもとても大切ですので、
当ジムでは、セッション前後には筋膜リリースを使ってコンディショニングをさせて頂いております。

皆様も、自分に合った筋膜リリース法を見つけて日常生活に取り入れてみてください。


=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム
MMM(トリプルエム)
https://www.triple-m.jp/

フィットネスメディアQOOLにて「表参道・六本木でおすすめのジム」に選ばれました
T  O  P https://qool.jp/
口コミ https://qool.jp/141293
表参道 https://qool.jp/165312
六本木 https://qool.jp/126723

なぜ、日本人は体重ばかりを気にするのか?

???「なぜ、日本人は体重ばかりを気にするのですか?」???

 

これは、先日、知り合いのアメリカで生活をしている知人に聞かれたことです。

 

知人曰く、

「勿論体重は気にするけれど、体脂肪率の方をより気にしているよ」

と言われました。

 

「体脂肪率を気にする」

即ち、ただ体重を落とすだけではなく、

『適度に筋肉を付けつつ、脂肪を落とす」

ということです。

 

そうなのです、体脂肪測定の結果で気にすべきは

★徐脂肪体重

(体脂肪を除いた筋肉、内臓器官、骨など)

なのです。

 

■徐脂肪体重の計算方法は

==============

『体重×(1-体脂肪率)』です。

例えば

体重50キロ 体脂肪率25% の方の徐脂肪体重は

50×(1-0.25)=37.5Kg

となります。

==============

 

そして、

理想的なのは以下2パターン

 

①『徐脂肪体重は減らさず、体重を減らす』

例えば

「体重48キロ 体脂肪率22%」の徐脂肪体重は

48×(1-0.78)=37.44キロ

※体重も体脂肪率も減り嬉しくなりますよね。

 

 

②『徐脂肪体重は増えたけれど、体重は変わらない』

例えば

「体重50キロ 体脂肪率22%」の徐脂肪体重は

50×(1-0.78)=39キロ

となります。

※一見すると、体重が減っていないので、残念に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

いやいや、とても素晴らしい結果です。

 

体脂肪は減り、筋肉が付いた結果なのです。

 

上記2通り、どちらも体脂肪率は減っている状態です。

体重を気にすることもシンプルですが、

もしも、体脂肪率を計測する機会がありましたら、

「体脂肪率」

「徐脂肪体重」

も気にしてみることをお勧めいたします。

 

そして、この計測のタイミングについても、

なるべくいつも同じ条件のほうがより正確に計測が出来ます。

 

例えば、

「毎朝起きたとき」

など、計測のタイミングを決めて計測することをお勧めしています。

この「体重測定を習慣にする」

ということも、とっても大切な「生活習慣の意識改善」

ですので、是非、習慣にしてみてください。

=========

当ジムは、ただ痩せるのではなく、

数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、

お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

 

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム

MMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/

ストレッチが美容面に与える効果

当パーソナルトレーニングジムでは、トレーニング後に必ずストレッチを提供させていただおります。

ストレッチを続けると、一番感じる体の変化は「柔らかくなった」と言う事ですね。
これは、どなたにも感じることのできる嬉しい効果です。
ストレッチをすることによって、今まで硬かった筋肉がほぐれやすくなり、関節も広がりやすくなります。
「自分は体が硬い」と思っている方も、毎日少しずつ続けることにより、必ず柔軟性のある体に変化します。

▼柔軟性が向上すると…

・血行が良くなる
血行とは、体全体の血の巡りを指します。
ストレッチ、食事、入浴などにより新陳代謝がアップして、血行が良くなります。

・手足など末端が温まる
身体全体に血液が行きわたるので、手足の先が冷たい人などに効果的です。冷えはくすみの元にもなりますし、万病の元とよく言われていますね。

・疲れが取れる
体内にある老廃物が排出されやすくなるので、疲れが溜まりにくくなる。

・アンチエイジングに効く
肌つやがよくなり、ニキビや吹き出物が出来にくくなる。肌の乾燥を防いでくれる。

・ダイエットの効率が上がる
ストレッチをしていれば痩せるなんてことは有り得ませんが、ストレッチをすることにより、関節や筋肉の可動域が上がり、同じ動きをしていてもカロリー消費が変わってきます。

・姿勢が良くなる
ストレッチは、姿勢改善にも効果があります。
猫背などで姿勢が悪いと、実年齢よりも老けて見られたりと、美容にとってマイナス面が多くなりますよね。
ストレッチをすることにより、筋肉の張りを緩和することが出来るので、骨盤の歪みの改善にもつながります。
姿勢が良くなると自分に自信が付き、バストの位置も上がり、血流が良くなることで張り感も出るので、バストアップにもなります。


筋肉は、疲れると硬まるという性質があります。
それが凝りにもなりますし、たるみの原因にもなり得ます。
ストレッチは、日常生活の癖などから歪んでしまった骨格の矯正もしてくれるし、やらない理由がないくらい、素敵なことばかりです。

そうは言っても、忙しい毎日の中で一番に忘れてしまうのが、自分と向き合う時間や自分自身にかける時間だと感じます。

欲張りに、何分もやらなくて構いませんので、トイレに行ったら、腕回りのストレッチを20秒ずつなど軽いものでも構いませんので、日常生活に少しずつ取り入れて行ってみましょう。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム
MMM(トリプルエム)
https://www.triple-m.jp/

==「運動が苦手・・・」でも問題ありません==

体験のお申込みを頂く際に
「運動が苦手ですけど大丈夫ですか?」
とお問合せを頂くことがあります。

結論
「まったく、問題ございません」

おそらくですが、
・運動に自信がある!
という方は、ご自身でトレーニングや運動に取り組まれると思います。

一方で、
「運動に自信があるけれど、時間を有意義に使うためにプロにお願いしている」
と言っていただける方もいらっしゃいます。
(ありがたいことです。)

そして、トレーナーの中には
「運動会の前日は、憂鬱だった…」
「マラソン大会は苦行でしかなかった…」
というトレーナーも少なくありません(笑)。

このように
「私ももともとは運動は好きではなかったんです」
というトレーナーのほうが、運動が苦手な方のお気持ちに共感できるということもあります。

そもそも、
・義務教育の運動=自分の意志と反した行動
である場合が多く
「なんのためにやっているんだ」
と思うこともしばしばですよね。
(*無駄な運動は無いと思っていますが…)

ですので、

当ジムでは
・お客様の性格や気分に合わせて
楽しく安全にをモットーに、
トレーニングメニューも提案をさせて頂いております。

また、当ジムはトレーニング後にストレッチやエステなども提供させて頂いておりますので、
頑張ったトレーニング後のご褒美として、お受けいただく方も多いです。

運動が苦手な方ほど、
「体動かすって気持ちいい!」
「ハマる!」
という場合もありますので、
先ずは、お気軽にトライしてみて頂ければと思います。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム
MMM(トリプルエム)
https://www.triple-m.jp/

質のいい睡眠はダイエットや免疫力の向上をさせるってほんとう??

朝一番でスマホをチェックし

、日中はパソコンに向かい、夜はNetflix三昧。
そんな日常を送っている人は、もしかすると体内時計に深刻な狂いが生じている可能性があります。

日本人の5人に1人は「負債」を抱えているそうです。
お金ではなく睡眠という財産を日々切り崩し負担を背負っているのです。

「睡眠負債」と言えばなんだか深刻な感じですが、

要は「睡眠不足」

のことです。

眠気や睡眠の深さはその前の覚醒時間や心身の疲労の影響を受けています。
起きている時間が長いほど睡眠負債は嵩んでいく。
その負債を返済する方法はただひとつ、

・眠るしかない

のです。

■質のいい睡眠はダイエットや免疫力の向上にも有効です。

本来なら、
・眠たくなったら眠り、起きるべき時間が来たら起きる。

深く考えずとも、脳は粛々と睡眠と覚醒を制御してくれます。

もし、眠りに不満を抱えているなら、脳が働きやすいように自らサポートする必要があります。
それが、「睡眠衛生」を整えるということ。

「睡眠衛生」とは、質のいい睡眠を確保する為に良いとされる行動や環境の調整テクニックです。

▼テクニックの例としては
・朝は何はともあれ、太陽の光を浴びる
→網膜に光を届ける事で体内時計がリセットされます。

・出かける前には朝食を摂りましょう
→液体だけではなく固形物を咀嚼することで、内蔵を動かし、消化器をはじめとする組織の体内時計を脳に同調させることができます。

・昼食後どうしようもなく眠たくなったら短時間の昼寝をしましょう。
→ただし!30分以上寝てしまうとノンレム睡眠の深い眠りに達してしまうので、その日の夜に深い睡眠が得られにくくなります。
あくまで30分以内に留めましょう。

・夕方以降はカフェインは控えましょう。

・夕食は眠る4時間くらい前には済ませておきましょう。

・就寝前にブルーライトを夜浴びると、体内時計が後ろにズレてしまいます。ズレると眠る時間が遅くなります。
・夜間はPC、スマホは遠ざけて、間接照明のほの暗い明かりの下、ゆったりリラックスして夜を過ごしてみて下さい。

また、
・ベッドに入ってから10分、多く見積もっても15分くらいで眠りにつく
というのが健全な睡眠です。

無理に眠ろうと頑張る必要はありません。
寝られないという体験をする事の方が、実は問題なのです。

失敗体験が後を引き、今日も眠れないんじゃないかという不安から不眠症に陥る事もあるからです。

もし15分以上寝られない場合は、思い切ってベッドから出てしまいましょう。

自分はまだ寝る状態ではないと考えればいい。
そのうち眠くなった時に寝ればいいのです。

そして、
覚醒中によく使った脳の部位ほどシナプスが強化され、夜になると強い眠りに誘われます。

体を動かす時には運動野、体性感覚野、もちろん視覚野や聴覚野といった、広い範囲が活動します。

つまり、
運動という作業中は思った以上に脳が使われているということになります。

たくさん動いた日は、安らかに眠れるのはこれが理由です。

睡眠不足の皆さんは、運動をするとよく眠れるかもしれませんよ。

そして、運動は、自分に合った正しい負荷と内容の運動がおすすめです。

=========

当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

当ジムはUfitに掲載頂いています。

【2020年最新】六本木でおすすめの人気パーソナルトレーニングジム!マンツーマン指導でダイエットを成功させよう

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム
MMM(トリプルエム)
https://www.triple-m.jp/

~ ウォーミングアップの重要性について ~

表参道・六本木 大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジムMMM(トリプルエム)のパーソナルトレーナーyuiです。

皆さんは、運動前にウォーミングアップをしていますか?

「ウォーミングアップなんて体温めるだけでしょ?」
「やらなくても大丈夫!」
なんて疎かにしてしまっているのではないでしょうか?

もちろん、その通り!
身体を温めるだけの準備運動です!

ですが、温めることによってどんなメリットがあるのか。

いかにウォーミングアップが大切で、絶大な効果があるのか、ということをを皆さんにお伝えしていきます!!

★まず初めにウォーミングアップとは…
運動による怪我の防止や、血流量を増やすことにより体温を徐々に上昇させ、心臓や肺への急激な負担をかけないために行う準備体操です。

★運動前に行うウォーミングアップは、身体を動かしながら筋肉を伸ばす、動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)が効果的です。
1番わかりやすく有名なのは、ラジオ体操がいい例です。

【 ウォーミングアップの効果 】

〇体温や筋温の上昇
→発生した熱エネルギーは筋肉を収縮させ、それにより血管が拡張するため酸素の供給がスムーズになります。

〇運動時の怪我予防
→血流量が増え、筋温が上がることにより、柔軟性が上がり可動域が広がります。
そのため関節可動域も大きくなるので、運動時の過度なひねりや屈伸運動による肉離れや捻挫などの怪我を防ぐことができます。

〇神経伝達速度の向上
→ウォーミングアップによって、全身に指令を送る働きをしている中枢神経の興奮を引き起こし、すぐに反応ができる身体へともっていけます。

〇心拍数・呼吸数を徐々に上げる
→ウォーミングアップは軽い運動から始めることで、心拍数や呼吸数を徐々に主運動に近ずけることができます。
そのため、心臓や肺への急激な負担を減らすことができ、安全に主運動を行えます。

他にも
・パフォーマンス向上
・主運動への心の準備
・自分の体調を知る 等など!

逆にウォーミングアップをしないと、
・怪我や心疾患の発症
・パフォーマンスや技術の低下
などが起こり得ます。

さて、ウォーミングアップの重要性がお分かりいただけましたか?
あなたの身体の為にも、
これからはウォーミングアップに対しての意識を変えて運動前には必ず取り組んでみて下さい^^

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム

MMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/

本当に「糖質に着目するとなぜ体重は変化するのか?」知っていますか?

糖質制限とは???

糖質制限とは…
食事の糖質を極力カットすることです。

糖質は、人間の生命維持や身体活動などに欠かせないエネルギー源である三大栄養素「タンパク質・炭水化物(糖質)・脂質」の一部である、
炭水化物に約9割含まれている栄養素です。

炭水化物は、消化吸収できる「糖質」と消化吸収できない「食物繊維」に分かれます。

糖質制限は、糖尿病の治療として行われる食事法でしたが、
減量効果が高いことからダイエットとしても活用されるようになり、
減量を必要とするアスリートの多くは、この「糖質」を意識し食事に取り組み、目標体重を目指します。

そもそも、
『糖質をカットすると、なぜ痩せるのでしょうか?』

●糖質の特徴は、
・タンパク質や脂質に比べ、摂取した際の血糖値の上昇が急激であるということ
です。

血糖値が急激に上がると、それを抑えるためにホルモンの1つである
「インスリン」が多く分泌されます。

●インスリンには、
・血液中の糖分を脂肪細胞に取り込むよう促す性質があります
ので、
インスリンが多く分泌されると、血液中の余った糖分を脂肪に取り込み、体脂肪が蓄積されやすくなるのです。

即ち、
●糖質を制限することで、
・血糖値の急上昇を抑え
・インスリンの分泌を抑えることができる
のです。

身体を動かすエネルギーである糖質の摂取量が少なくなると、
体内ではエネルギー不足を補うために、蓄積されている中性脂肪や体脂肪を分解してエネルギー源を作り出します。

≪即ち‼≫
・体内の糖質が少なくなると

・これまで以上に、体内の脂肪とエネルギー源として使いやすくなる

ということなのです。

また、中性脂肪を分解するとき、肝臓では「ケトン体」と呼ばれるエネルギーを生成します。
このケトン体が糖の代わりとなり、身体を動かすエネルギー源となるのです。

つまり!
「糖が不足しているから、脂肪を分解して代わりのケトン体をどんどん作ろう!」
という身体の仕組みが働くために体脂肪が減少していくのです。

★例えば、
通勤のために、毎朝最寄り駅まで15分かけて歩いていた方が糖質摂取量をコントロールすると
これまでの15分の徒歩では糖質しか使われていなかったのが、
脂肪も使うようになる、かもしれない!?
即ち、これまでと同じ日常生活お送っているだけで、これまでよりも体重が落ちやすくなるのは、
体の中で、このような現象が起きているからなのです!

とはいえ、
お食事は先述の通り、PFCバランスといわれる

「タンパク質(P)」「脂質(F)」「炭水化物(C)」

のバランスが重要です!

曖昧な知識で取り組みますと、
適正体重に向かうどころか、体調を崩す場合もありますので、お気を付けくださいませ。

当ジムでは、
「糖質制限」
ではなく、

上記「PFCバランス」を意識して、お客様に合った
・糖質量を見出し
・コントロールする。
「糖質コントロール」で取り組んでいます。

2か月後の理想より、2年後の理想のために…。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム

MMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/

 

それはまるで、アート… イタリアンセレブも愛用するフィットネスマシン「KINESIS」とは

当ジムには、イタリアのセレブが、自宅でのトレーニングとして

長年にわたり愛用されている、Techno Gym社の「KINESIS」を設置しております。

表参道・六本木 大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジムMMM(トリプルエム)のパーソナルトレーナーyuukiです。

KINESIS とは

【動き】 という意味です。

 

通常マシンでは軌道が決まっている為に、

動きを制限され特定の筋肉しか鍛えられませんが、

キネシスは360度回転式の3Dプーリーシステムにより、

動作に制限を受けることなく

スムースなムーブメントでたくさんの筋肉を鍛えることで、日常では動かすことが出来ない、筋肉にも効率よく働きかけることが可能なトレーニングマシンで、

・ALPHA(手前)

・BETA(下)

・GAMMA(上)

のポジションに設定された3つのハンドグリップを使い分けることで、

マシンを調整する必要もなく、200種類以上の目的にあったエクササイズを行えます。

ケーブル状になっているので、キネシスと自分の距離によって負荷を調節することもでき、

ウォール中央部に設置されたソフトタッチデジタルディスプレイを回すことで、キネシス自体の負荷を0から20までのレベルで選ぶことができますので、アスリートから体力に自信のない方まで、幅広く対応できます。

 

★キネシストレーニングの目的

・全身の筋力アップ

・体幹(コア)強化

・バランス・柔軟性向上

・連動性(コーディネーション)向上

・日常動作の改善

等を目的としています。

 

キネシス一台で、胸筋、背筋、腹筋、臀筋、大腿四頭筋など、

様々な筋肉を単独でも複数同時でも鍛えることができます。

 

更には上肢・下肢の連動性や、

骨盤の安定も図ることができるため、

全身の筋肉を相乗的に活性化することが出来ます。

 

このキネシス・パーソナルはテクノジム社とインダストリアルデザイナー アントニオ・チッテリオにより共同開発され、機能性やデザイン性に優れていますので、芸術品としても一見の価値がございます。

 

KINESIS1台で、リハビリに励む方から、アスリートのトレーニングまでニーズに合わせたトレーニングを行うことができます。

 

ご興味がございましたら、是非一度ご体験くださいませ。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム

MMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/

今話題の…「SilkSuspension™(シルクサスペンション)」とは…

表参道・六本木 大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジムMMM(トリプルエム)のパーソナルトレーナーkumiです。

MMM表参道では、プライベートジムとしては、珍しく、シルクサスペンションもお受けいただけます。

シルクサスペンションとはニューヨークの中心地マンハッタン5番街にある【Pilates on Fifth】のオーナーである、キャサリン・キンバリー コープ姉妹により開発されたトレーニングプログラムです。

 

このプログラムは、日常的に運動を行っていない方やシニア、またはアスリートのパフォーマンス向上まで、まさに理想的な効果を発揮しています。

あらゆるレベルで効果を実感できると声が断たない、画期的なサスペンショントレーニングなのです。

 

シルクサスペンションでは、2つの支点から吊り下げられた

『2本のサスペンション』

『ハンモッック形状のサスペンション』

の2種類を使用します。

 

この2種類をそれぞれ単独で、もしくは組合せて使うことで、

エクササイズの幅が大幅に広がるだけではなく、

より段階的に各ニーズに合わせたトレーニングが可能となります。

最適な運動強度を細かく設定することができるため、

あらゆる分野で幅広く、理想的な効果を発揮することができるのです!

 

  • シルクサスペンションプログラムの大きな目的は

・コア(深層筋)の強化

・バランスや柔軟性の向上

・コンディショニング

等を目的としています。

 

コントロールされた中での不安定性から得られる神経筋への働きかけにより、

眠っていた神経と筋肉を目覚めさせることが可能になります。

また非対称な動きに生体力学的に正しく対応することで、左右差も整えられます。

 

■2つの支点から成る2種類のサスペンションシステムの特徴により…

・効果的に筋肉が使われ

・ファンクショナルな動きの習得

・柔軟性の向上やコンディショニングの幅を増幅させてくれる

といった、他のトレーニングではなかなか体感・体得しにくいものが得られます。

 

これだけ読まれると、難しく感じられるかもしれませんが、

お客様の成長段階に合わせて、

「強さ・持久力・パワー」

をより向上させた機能的なトレーニングを提供する事ができる、

まさに、リハビリからアスリートまでの、理想的なトータルワークアウトなのです!

 

と、説明文を読んだだけでは伝わらない効果を、是非スタジオ(表参道店)で体感してみてください!

1回のセッションだけでも、

「肩が軽くなった!」

「正しい姿勢で立てる感覚が分かった!」

「頭がスッキリする」

「今までに感じた事のない腹筋の筋肉痛を味わった」

等のお声を頂戴しています。

 

表参道店でお待ちしています。

 

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジムMMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/

週に1回の運動でも効果あり!

人間は、何気なく毎日を過ごしています。

多くの場合、日常動作は限られたパターンになってしまいます。

特に、人間は顔の正面に眼がついていることから、
日常生活のほとんどが、前後の動きです。

しかし、我々の体は前後だけではなく、
大きく「3面」で動作しています。

例えば
「腕」の動かし方で考えてみます。

1:前額面の動き
待ち合わせで、相手を見つけた際に「お~い」と大きく腕を振る動きです。

2:矢状面の動き
「ばんざ~い」と腕を下から天井へと動かす動きです。

3:水平面の動き
水平にチョップ!をする動きです。

大きくこの3面の動きです。
そして、捻じる場合には、複数面の組み合わせとなります。

ですので、同じ万歳の動きでも、捻じりながら行うほうが、
多くの筋肉を使うことになり、体も温まりやすくなります。

大切なことは、

『定期的に、3面を意識して体(筋肉)を動かす』

ということです。

これには大きく2つの意味があります。
使っていなかった筋肉を使うことで~
①代謝を上げる、筋肉を付ける
②神経を活発にする
です。

度々
「週に1回のトレーニングで体は変わるの?」
と質問を受けます。

回答は
「はい」
です。
(もちろん、テレビに出てくるようなムキムキになるにはもっと頻度を上げる必要があります)

週に1回のトレーニングで、普段は使うことが出来ていない部分、
例えば…「脇腹」「下腹部」「腿裏」など、
に刺激を入れておくことで、普段の何気ない動作でもこれらの筋肉を使うことが出来ます。

即ち、普段の
・通勤中の歩行
・家事
などで、これまでは期待できなかった、
引き締め効果や楽な動作が期待できます。

勿論、週に1回よりは、2回、3回のほうが得られる効果や相乗効果は多くのことが期待できますが、
週に1回でも、普段の行動パターンを踏まえたうえで、正しく刺激を入れるトレーニングを行うことで、
十分多くの良いことが起きてきます。

大切なことは、

先ず、やってみる

ということです。

・体が重い、動かなくなった
・けがをしてしまった

となってからでは、もったいないです。

今の不自由のない体を当たり前と思わず、
専門家と共に、出来る時に、正しい取り組みを始めることをお勧めします。

=========
当ジムは、ただ痩せるのではなく、
数年後も理想の体型で健康に動ける体を目指し、
お客様に合った「食事」「運動」「睡眠」を提案させていただいております。

表参道・六本木・自由が丘の大人のためのパーソナルトレーニングプライベートジム

MMM(トリプルエム)

https://www.triple-m.jp/